房総外房線沿線・国道128号線沿いの房総の観光・宿泊・イベント・グルメ・海水浴・生活情報  
 プライバシーポリシー  免責事項  リンクについて  広告募集  お問合せ
ログイン
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録
メインメニュー
いすみライフ
外房観光ガイド
外房検索
外房ライフについて
Amazon検索
楽天検索
楽天市場
オンライン状況
10 人のユーザが現在オンラインです。 (1 人のユーザが いすみライフ記事 を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 10

もっと...
季節を知らせてくれる紫陽花
《天拝園・妙法生寺の麻綿原》
 関東随一のアジサイの名所として知られている、大多喜町にある妙法生寺・麻綿原高原。 昭和26年、箕輪日受師が廃寺を再興しアジサイを植えたことが始まりだそうです。住職が丹精込めて育てた約2万株のアジサイ群が、天拝園と名付けられた妙法生寺境内を中心に広がっています。
 標高340mと高台に位置するため、気温差から平地より開花が遅く、7月上旬〜7月中旬が見頃となりそうです。
 品種は和種のため色の変化は白色から青色のみとシンプルではありますが、紫陽花の優しいブルーが高原全体を幻想的な青の世界へと変えています。妙法生寺 天拝園 大多喜町筒森1749
《お問合せ先》大多喜町観光協会 TEL 0470(80)1146
《勝浦市・ 仏国土観音》
勝浦市串浜にある、あじさいと観音様の名所として知られる「仏国寺」。見頃はちょうど6月〜7月上旬です。
 大観音へと続く長い参道には100体の観音様とアジサイが整然と並んでおり、訪れた人々を優しく迎えてくれます。
100体の観音様のお顔はすべて違うそうです。森閑とした寺内を

ゆったり散歩をしながら訪ねてみてはいかがでしょうか?
《お問合せ先》仏国土の会(仏国寺)勝浦市串浜1589-3 TEL 0470(73)3718
《こちらはペチュニア》
富津市にあるマザー牧場では、今年も約2万5千株の「桃色吐息」が、標高約 300mの鹿野山の山肌を鮮やかで濃いピンク色に染め上げます。
「桃色吐息」とはペチュニアを品種改良したもので、南房総出身の園芸家・杉井さんと千葉大学との共同開発で生まれた品種だそう。
その名の通り、一面に広がるピンクの光景は、幸せな気持ちにさせてくれます。「桃色吐息」は、雨が降ると自ら身を守り、花びらを閉じる性質があるため晴れが続く日のご来場をおすすめいたします。
《お問合せ先》マザー牧場 富津市田倉940-3 TEL 0439(37)3211

プリンタ出力用画面
友達に伝える

コンテンツのトップ 次のページ
いすみ鉄道かわら版
Copyright (c)  2007 R128-NET. All rights reserved. :: Theme Designed by OCEAN-NET ::
Powered by Xoops2 | PHP | MySQL | Apache