房総外房線沿線・国道128号線沿いの房総の観光・宿泊・イベント・グルメ・海水浴・生活情報  
 プライバシーポリシー  免責事項  リンクについて  広告募集  お問合せ
ログイン
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録
メインメニュー
いすみライフ
外房観光ガイド
外房検索
外房ライフについて
Amazon検索
楽天検索
楽天市場
オンライン状況
11 人のユーザが現在オンラインです。 (2 人のユーザが いすみライフ記事 を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 11

もっと...
第13回おんじゅくまちかどつるし雛めぐり
 もともとは宮中行事であった節句。節句は季節の節目に、無病息災・豊作・子孫繁栄などを願い、お供え物をしたり、邪気を祓う行事で「節供(せっく)」ともいうそうです。中国の暦法と日本の風土や農業などを行う生活の風習が合わさり、宮中行事となったものが節句の始まりで、明治6年に廃止されるまで日本には5つの節句がありました。
江戸時代、高価な雛人形の代わりに一般のお家でお母さんや近所の人たちが集まってみんなで少しずつ小さな人形を作ったのがつるし雛の由来と言われているそうです。
 第13回を迎えた、おんじゅくまちかど「つるし雛めぐり」今年も女性部の方を中心に一針一針丁寧に、想いを込めてさまざまなつるし雛が作られました。
 今年のテーマは「新生 」となっており、月の沙漠記念館と手づくりの蔵の二つの会場を中心に町内約30店舗で可愛らしい沢山のつるし雛を楽しむことが出来ます。町内の飲食店では、この時期限定のお得で

美味しいメニューも沢山あります。
また、気軽にご自身でつるし雛を作ることができる、つるし雛キットを販売している店舗もあります。
 目で見て楽しむ、食べて楽しむ、作って楽しむ、ぜひおんじゅくまちかど「つるし雛めぐり」へ足をお運びください。

プリンタ出力用画面
友達に伝える

前のページ
布施 千本桜まつり
コンテンツのトップ 次のページ
2019 かつうらビッグひな祭り
Copyright (c)  2007 R128-NET. All rights reserved. :: Theme Designed by OCEAN-NET ::
Powered by Xoops2 | PHP | MySQL | Apache