房総外房線沿線・国道128号線沿いの房総の観光・宿泊・イベント・グルメ・海水浴・生活情報  
 プライバシーポリシー  免責事項  リンクについて  広告募集  お問合せ
ログイン
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録
メインメニュー
いすみライフ
外房観光ガイド
外房検索
外房ライフについて
Amazon検索
楽天検索
楽天市場
オンライン状況
15 人のユーザが現在オンラインです。 (1 人のユーザが いすみライフ記事 を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 15

もっと...
2019 かつうらビッグひな祭り
 「かつうらビッグひな祭り」は2001年、全国勝浦ネットワークの縁により、徳島県勝浦町から約7000体のひな人形を里子として譲り受けて開催されました。そのひな人形も今では約3万体にもなり、今年も春を迎えようとしている勝浦市を華やかな雰囲気で包み込みます。
遠見岬神社の60段の石段には約1800体のひな人形が飾られ、最上段には「勝浦びな」特大ひな人形を展示。夕暮れ時にはライトアップされた幻想的な光景が見られます。
 他にも覚翁寺山門前に約600体、墨名交差点には約800体と、それぞれ特設雛段が設置されます。
 勝浦市芸術文化交流センター「キュステ」でもホールに6000体のひな人形が並び、その姿はまさに圧巻の一言。同会場では「日本最大級の享保雛」15体の段飾りが展示さるれほか、江戸時代や明治時代など、キュステ全体で8000
体のひな人形が飾られています。市役所ロビーでは吉徳コレクション・名工「永徳斉」作などの貴重な
雛人形や、保育所園児による手作り雛人形が出迎えてくれます。 また地区会場でも、御殿雛やつるし飾りなどバラエティに富んだひな飾りを堪能出来ます。
18年前にやってきた、約7000体のひな人形たち。故郷の徳島県勝浦町で行われる「阿波勝浦ビッグひな祭り」は、今年で31回目。「かつうらビッグひな祭り」のひな人形たちもまた、長くこの千葉県勝浦市に春を呼んでくれることでしょう。

プリンタ出力用画面
友達に伝える

前のページ
第13回おんじゅくまちかどつるし雛めぐり
コンテンツのトップ 次のページ
いすみ鉄道かわら版
Copyright (c)  2007 R128-NET. All rights reserved. :: Theme Designed by OCEAN-NET ::
Powered by Xoops2 | PHP | MySQL | Apache