房総外房線沿線・国道128号線沿いの房総の観光・宿泊・イベント・グルメ・海水浴・生活情報  
 プライバシーポリシー  免責事項  リンクについて  広告募集  お問合せ
ログイン
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録
メインメニュー
いすみライフ
外房観光ガイド
外房検索
外房ライフについて
Amazon検索
楽天検索
楽天市場
オンライン状況
6 人のユーザが現在オンラインです。 (1 人のユーザが いすみライフ記事 を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 6

もっと...
風に揺らぐハマヒルガオを見に行こう
 ハマヒルガオはヒルガオ科ヒルガオ属の多年草で、主に砂浜に生育する海浜植物です。その年の陽気や場所によってかわりますが、開花時期は5月〜6月頃です。
【海浜植物】
 海岸で生育できるだけに、いろいろな特徴をもっています。海岸といえば?  水が少なく、日差しが強い。風も強く、砂も移動しやすい。人だったら生きていくのはとても大変です。そんな海岸でも海浜植物は、水を貯え海水の塩分から葉を守るため「葉を厚く、表面を固く」し、強風にも耐えられるよう「背は高くならず、這うように」
生育しています。砂で葉や芽が埋もれてしまうと、さらに茎が伸びて砂の表面に顔を出します。
 淡いピンク色のハマヒルガオはアサガオよりも小さく、砂浜で一生懸命生きていると思うと優しい言葉をかけてあげたくなりますね。
 外房エリアの海岸でもかわいいハマヒルガオを見る事ができます。砂浜で頑張るかわいい花を見にお出かけしてみてはいかがでしょうか?

《お問合せ先》
●剃金海岸・中里海岸(左上写真) 白子町商工観光課 TEL 0475(33)2117
●太東海浜植物群落(右下写真) いすみ市生涯学習課 TEL 0470(62)2811

プリンタ出力用画面
友達に伝える

コンテンツのトップ 次のページ
第16回勝浦港カツオまつり
Copyright (c)  2007 R128-NET. All rights reserved. :: Theme Designed by OCEAN-NET ::
Powered by Xoops2 | PHP | MySQL | Apache